お知らせとお願い(出荷者のみなさまへ)

経費の一部改定について

2017.6.29

諸物価の高騰と衛生管理強化による経費増のため、7月3日と畜分より、牛と畜解体料を下記の通り改訂させていただく事になりました。

出荷者の皆様におかれましては、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


と畜解体料(牛)

現 行  5,400円(税込)
改訂後 5,940円(税込)

牛原皮価格の改定について

2017.1.17

平成29年1月23日と畜分より、牛原皮価格を、下記のとおり改定させていただく事になりました。

肉牛原皮価格

  • めす牛・・・1,300円(1,800円)
  • 去勢牛・・・1,600円(2,100円)

※平成29年1月23日と畜分より

※カッコ内は旧価格

牛内臓価格の一部改定について

2016.9.1

平成28年9月1日と畜分より、牛内臓価格の一部(レバー廃棄)を、下記のとおり改定させていただく事になりました。

肉牛内臓価格(レバー廃棄)

  • 肝臓全廃棄・・・△6,000円(△8,000円)
  • 肝臓1/2廃棄・・・△3,000円(△4,000円)

※平成28年9月1日と畜分より

※カッコ内は旧価格


また、経産牛の内臓価格を下記のとおり改定させていただく事になりましたので、予めご了承願います。

肉牛内臓価格(経産牛)

  • 枝肉重量500kg未満・・・20円/kg(26円/kg)
  • 枝肉重量500kg以上・・・10,000円/頭(13,000円/頭)

ただし、経産牛であっても比較的若齢牛(概ね48ヵ月齢前後)で、内臓の状態が良好なものについては協議の上、決定します。なお、経産牛についてはレバー廃棄による減額は適用しません。

※平成28年9月1日と畜分より

※カッコ内は旧価格

生体牛受付時間の変更について

2014.10.22

平成26年11月3日受付分より、生体牛の受付時間を下記のとおり変更させていただく事となりました。

ご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。


生体牛受付時間

  • 現行・・・・午前6時から午後10時まで
  • 変更後・・・午前7時から午後10時まで

※平成26年11月3日受付分から

牛原皮価格の改定について

2014.1.6

平成26年1月6日と畜分からの牛原皮価格を下記の通り改定させていただく事になりました。


牛原皮価格

  • め す・・・(旧) 800円/頭 -> (新)1,800円/頭
  • 去 勢・・・(旧)1,100円/頭 -> (新)2,100円/頭

※平成26年1月6日と畜分より適用

※いずれも税抜き価格です

経費の一部改定について

2013.12.6

平成26年1月6日から、委託販売経費の一部を下記の通り改訂させていただく事になりました。


冷蔵庫保管料


現 行  1日300円(税込)/実質600円(税込)
改訂後 一律525円(税込)



現 行  1日 92円(税込)/実質184円(税込)
改訂後 一律273円(税込)

※なお、改訂にともない経費区分名称を「冷蔵庫使用料」に改めます


冷蔵庫入出庫料


現 行 1回163円(税込)
改訂後 廃止



現 行 1回 87円(税込)
改訂後 廃止


品質管理費(牛のみ)

新 設 1頭あたり368円(税込)

牛内臓価格の改定について

2012.6.27

平成24年7月1日から生食用牛肝臓の販売が禁止される事となり、やむなく牛内臓価格を下記の通り改定させていただく事になりました。


肉牛内臓価格

  • 枝肉重量500kg未満・・・52円/kg(58円/kg)
  • 枝肉重量500kg以上・・・26,000円/頭(29,000円/頭)
  • 肝臓全廃棄・・・8,000円(10,000円)
  • 肝臓1/2廃棄・・・4,000円(5,000円)

※平成24年7月2日と畜分より

※カッコ内は旧価格

出荷牛の生産履歴書の提出について

2011.9.20

神戸市場向けに肉牛をご出荷いただく際には、必ず肉牛1頭毎に以下の内容を明記した生産履歴書(農家証明書)をご提出いただきますよう、お願い申し上げます。


生産履歴書記載事項

  • 個体識別番号 ※必須
  • 肥育者の氏名と住所 ※必須
  • 品種および性別 ※必須
  • 肥育期間が確認できる情報(肉牛の導入日と出荷日または肥育期間) ※必須
  • 給与飼料
  • 生産者の写真
  • 肥育期間中に稲わらを給餌させた場合にはその産地(別紙でも可) ※必須

なお、ご提出いただいた生産履歴書の原本は、セリにて落札された買参者様にお渡しいたします。予めご了承願います。

セリ場での下見について

2011.9.20

共励会、共進会等で市場にご来場され、セリ場に入室される際には、以下の点についての注意事項を厳守下さいますようお願いいたします。


  • セリ場にご入室される際には、1)白衣、2)帽子、3)長靴(または靴カバー)を必ず着用して下さい(出荷団体様にてご用意いただいております)。
  • セリ場入り口に消毒液をご用意しておりますので、必ず手を消毒してからご入室下さい。
  • 枝肉下見時間を厳守して下さい。買参者様の下見時間までには速やかに退室願います。
  • セリに立ち会われる際には、セリ場最上段からご覧下さい。買参者席には絶対に座らないで下さい。

買参者様に少しでも気持ちよくセリに参加いただくため、ご理解とご協力をお願いいたします。

肉牛搬入時の車両消毒の徹底について

2011.9.20

当市場の車両入り口には、車両自動消毒装置が設置されており、装置内に車両が進入するとセンサーがそれを感知し、自動的に消毒液の噴霧が開始されます。

防疫的観点から、搬入時には必ず車両消毒装置内で一旦停止の上、十分に消毒液の噴霧を受けてから係留所の方へお進み下さいますよう、お願いいたします。

なお、お帰りの際も同様に車両の消毒をお願いいたします。