市場ニュース

食肉センター部のHACCP認証を取得しました

2017.2.17

当神戸市場では、一層の品質向上を図るため衛生管理を徹底させるため、約四年前よりHACCP導入に向けての取り組みを開始しました。

開設者、衛生検査所のご協力とご指導を得ながら、場内関係企業が一丸となり、この度、食肉センター部のHACCP認証を得ることができました。


私ども神戸市中央卸売市場西部市場は、生産農家の方々が丹精込めて育て上げご出荷いただいた肉牛、肉豚を、より安心、安全に消費者の皆様にお届けするため、一層努力してまいりますので、今後とも神戸市場をよろしくお願いいたします。

第1回神戸ポーク意見交換会を開催いたしました

2015.1.25

肉豚生産農家と神戸市場売買参加者による意見交換会と試食会が、1月27日に神戸市中央卸売市場西部市場の研修室で開催されました。


神戸ポーク試食の様子

安全、安心、おいしい食材の提供と新たな付加価値創造のため、生産者は商品に込めたこだわりや情熱を、売買参加者は消費者の生の声を、試食会を通じて互いに伝えあっていただきました。

弊社といたしましては、産地と食卓の架け橋となれるよう、今後も積極的にこのような試食会を開催してまいりますので、ご要望等がございましたら、遠慮なく弊社までお問合せ下さい。

第59回近畿東海北陸連合肉牛共進会が開催されました

2012.11.11

今年で第59回目を迎える近畿東海北陸連合肉牛共進会が、6府県から選りすぐりの黒毛和牛99頭が一堂に会し開催されました。


第59回近畿東海北陸連合肉牛共進会

いずれ劣らぬ優秀牛の中、栄えある最優秀賞に輝いたのは、雌牛の部が静岡県の鈴木牧場様(出品番号77)、去勢牛の部は岐阜県の藤瀬肉牛農場様(出品番号3)がそれぞれ受賞されました。

セリ市では、雌牛の部最優秀賞受賞牛を株式会社三嶋亭様(京都府)が9,520円/kgで、去勢牛の部最優秀賞受賞牛を株式会社主婦の店 高山店 肉の匠家様(岐阜県)が10,010円/kgの高値でそれぞれ競り落とされました。

第3回神戸市西部市場銘柄和牛共進会、名誉賞は2年連続で高橋充信様(香川県)に!

2012.10.11

第3回目となる神戸市西部市場銘柄和牛共進会が10月11日、当市場で開催され、昨年同様、各地から選りすぐりの黒毛和牛120頭が出品され、肥育技術を競い合いました。

上物率87.5%といういずれ劣らぬ優秀牛の中から栄えある名誉賞に輝いたのは、香川県から出品いただきました高橋充信様で、昨年に引き続き2年連続名誉賞受賞の快挙となりました。


第3回西部市場銘柄和牛共進会

放射性セシウム自主検査の検査機器の追加について

2012.9.20

肉牛枝肉の放射性セシウムの自主検査について、9月20日と畜分より以下の機種を追加し、これまでの機種(ベルトールド社製「ベクレルモニターLB200」)と併用の上、実施いたします。


追加機器

テクノエックス社製「FD-08Cs100」

※9月21日販売分の牛枝肉より

「2012西部市場食肉まつり」が開催されました

2012.3.11

安心・安全・美味しい国産食肉を、もっと広く市民のみなさんに知っていただこうと、西部市場食肉まつりが11日、当市場で開催されました。

国産和牛肉や国産豚肉の試食コーナーをはじめ、様々なイベントで大いに盛り上がりました。

牛肉試食コーナー

人気の国産和牛肉の販売には朝から長蛇の列で賑わい、午前、午後の部とも、僅か30分で完売してしまいました。

牛肉販売

また、東北地方を襲った大地震からちょうど一年目にあたる事もあり、被災地支援の一環として東北物産展のブースを設け、お客様に支援を呼びかけました。

東北物産展

好天にも恵まれ、多くのお客様(6,300人)にご来場いただき、盛況のうちに幕を閉じました。



2012西部市場食肉まつり

主催:神戸中央畜産荷受株式会社・社団法人日本食肉市場卸売協会

後援:農林水産省生産局・社団法人日本食肉協議会・財団法人日本食肉消費総合センター

協賛:兵庫県食肉事業協同組合連合会・神戸食肉事業協同組合・神戸肉流通推進協議会

協賛企業:
伊藤ハム(株)・エム・シーシー食品(株)・日本ハム(株)・プリマハム(株)・ミヨシ石鹸(株)・ミヨシ油脂(株)・神戸みのりの公社・(株)新生公司・神戸まると食堂・JA兵庫六甲・丸栄産業・バイプロダクツ・ミートコーベ

臨時休市のお知らせ

2012.3.2

誠に勝手ながら、3月30日(金)を臨時休市日とし、セリ市をお休みさせていただく事になりました。

ご購買者の皆様にはご不便をおかけしますこと、心よりお詫びいたします。



テレビ放映のお知らせ

2011.12.8

兵庫県が誇る高級ブランド牛肉「神戸ビーフ」。

その神戸ビーフの歴史を始め、生産から肥育、流通にいたるまでの詳細をご紹介するテレビ番組が放映されます。

当市場でのセリの様子も登場しますので、ぜひご覧下さい。


放送内容

放映日:12月10日(土) 夜7時~7時55分

放送局:サンテレビジョン

番組名:神戸ビーフ、その美味なる世界へ


第4回全国但馬牛枝肉共進会が開催されました

2011.11.13

4年ごとに開催される「全国但馬牛共進会」が、11月13日(日)に当市場で開催されました。

今回で第4回目を迎える本共進会は、全国から100頭の但馬牛が出品され、肥育技術を競い合いました。

いずれも甲乙付けがたい優秀牛の中から、名誉賞(雌牛の部)に田村正道様(兵庫県)ご出品の雌の但馬牛(出品番号34)、名誉賞(去勢牛の部)は太田克典様(兵庫県)ご出品の雌の但馬牛(出品番号64)が受賞され、セリ市ではそれぞれ、8,530円、6,020円の高値で落札されました。


放射性セシウム自主検査の検査機器変更について

2011.11.1

本日(11/1)と畜分の肉牛から、放射性セシウムの自主検査に使用する検査機器を下記の通り変更いたしましたので、お知らせいたします。


  • 検査機器名称:ベルトールド社製「ベクレルモニターLB200」
  • 検査対象:上場されるすべての肉牛

第2回神戸市西部市場銘柄和牛共進会、名誉賞に高橋充信様(香川県)

2011.10.16

10月13日、本年で第2回目となる神戸市西部市場銘柄和牛共進会が開催されました。

日頃、当市場にご出荷いただいております各地の生産者の皆様が、丹精込めて育て上げた選りすぐりの黒毛和牛120頭が出品され、産地や銘柄の垣根を越えて、その肥育技術の成果を競い合いました。

今回、数多くの優秀牛の中から、栄えある名誉賞を受賞されたのは、高橋充信様(香川県)ご出品の雌の黒毛和種(出品番号26)で、セリ市では6,505円の高値で落札されました。


生食用牛肉の規格および表示の新基準に関する説明会について

2011.10.1

厚労省は、本年4月に焼肉チェーン店で発生した食中毒事件を受け食品衛生法を改正し、10月1日より新しい規格基準が適用されています。

西部市場では、当市場の買参者様向けにその改正された内容に加え、今後、生食用牛肉を取り扱うに当たっての留意点等の説明会を下記の通り実施することになりました。

大変、急なご案内となりましたが、お繰り合わせの上、ぜひ、ご出席下さい。


生食用牛肉(内臓を除く)に係る規格基準(改正)及び表示基準(設定)について

  • 日時:平成23年10月7日(金)
  • 会場:西部市場・3階大会議室
  • 講師:神戸市保健福祉局 健康部生活衛生課  主査

放射性セシウムの自主検査実施について

2011.9.20

弊社では以下の要領で放射性セシウムの全頭自主検査を実施し、安全を確認した上でセリ販売を行っております。安心してご購買下さいますようお願い申し上げます。


使用検査機器及び検査方法

キャンベラ社製「NaIシンチュレーションサーベメーターSG-2R」によるスクリーニング検査


検査対象

全頭検査(神戸市場で上場される牛枝肉全て)


実施期間

平成23年8月23日販売分から当面の間


補足

  • 出荷までの間に給餌した「稲わら」の産地を、生産履歴書等により確認の上、セリ販売させていただいております(7/22販売分より)。
  • 弊社が発行する購買証明書には、放射性セシウム検査済みであることを明記しております。

西部市場地域交流バーベキュー大会(2011.8.27)

2011.9.20

恒例の西部市場バーベキュー大会が、あいにくの天候にも関わらず今年も多くの方に参加いただき、盛大に開催されました。

第4回目となったこの催しは、市場に携わる関係者同士の親睦を深めるとともに、近隣の方々との交流を図り地域密着する開かれた市場として広く認知される事を目的に、毎年開催しております。

今年は「東日本大震災チャリティー」として開催し、参加者の皆様から多くの善意を頂戴しました。

お寄せいただきました募金の総額は、80,931円となり、神戸新聞社を通じ被災地に寄付させていただきました。

募金領収書